NEWS/コラム

営業

2018.05.21

営業に役立つ資格5選

営業の仕事は資格がなくても就くことができる職種で、絶対に必要な資格というものはありません。 ただ、仕事を続けていくなかで資格を持っていることで役に立つ場面が多くあるといえます。なぜなら営業職は顧客からの信頼が第一で、資格を取得していることで顧客からの信頼を得られることにつながるからです。 また、資格の取得は営業としての活動の場を広げたりスキルを向上させたりということに役に立つ場合もあります。 そのため「できる営業」を目指している方は、隙間の時間を活用しながら資格取得にチャレンジしている人が多くいる傾向にあります。 今回は「できる営業」になるために、資格を取得しておきたい営業に役立つ資格5選を紹介していきたいと思います。 営業に役立つ資格 ~中小企業診断士~ 中小企業診断士は営業職のみならず経営コンサルや企画職などさまざまなビジネスパーソンに人気の国家資格です。企業の経営戦略からマーケティング、マネジメント、財務関係まで幅広い知識が問われます。 資格取得をすれば、中小企業における現状を分析し、企業成長戦略にむけたアドバイスを行うことが可能となります。 営業の仕事では、自社商品・サービスを提案するときに、取引先企業の現状を把握し、商材を導入することでどのようなメリットがあるのかなど商談していくことが大切といえます。 中小企業診断士を取得することで、経営の診断や助言を行うことができますので、ビジネス全般において重宝される知識が身につき、営業活動を行う際に資格で得た知識を活用していきながら商談を行うことができるでしょう。 また、資格を取得することができれば、名刺に「中小企業診断士」と名乗ることができます。 難易度の高い試験であることから、顧客の信頼を勝ち取ることに役立ち取引が有利に働くこともあるでしょう。 営業に役立つ資格 ~TOEIC・実用英語技能検定(英検)~ TOEIC・英検はどちらも英語能力を示すための資格となります。 近年では、どの企業でも海外進出が進んでいます。最低限の英語力はこれからの社会を生き抜くために必要不可欠なスキルです。 英語が堪能であることは、営業活動において有利に働き外資系企業で活躍できたり、海外勤務を任せやすくなったりと仕事の幅を広げることができます。 このことから、営業職で英語を身につけることはメリットが多いといえます。 TOEICは受験者すべてが共通のリスニング試験とリーディング試験を受けて10点~990点の点数が採点され、英検は1級から5級までの7段階の級があります。 ビジネスで評価されるのは若手営業パーソンならTOEICの600点~700点、営業マネジメントやリーダーであれば900点以上、英検では2級以上のレベルを目標にしましょう。 営業に役立つ資格 ~ファイナンシャルプランナー~ ファイナンシャルプランナーは日本FP協会の実施している認定資格試験で、金融、株式、不動産、住宅ローン、教育資金、年金制度、保険などの幅広い知識に基づいて資産のプランニングをトータル的にサポートする資格です。 この資格を取得することで、個人・法人を問わず資産運用や節税に関するアドバイスができるようになり営業活動において顧客から信頼を得られやすくなります。 また、ファイナンシャルプランナーで学ぶ範囲の知識とライフプランニング能力は金融業界、不動産業界、保険業界などで広く求められているので、資格を取得することで幅広い企業で活躍することも可能となるでしょう。 営業に役立つ資格 ~基本情報技術者・応用情報技術者~ ITの情報技術知識に関する基本レベルを示す資格が基本情報技術者、応用レベルを示す資格が応用情報技術者です。 これらの資格はITサービス業界では基本となるものです。 特にIT系企業の営業パーソンであれば持っておくべき資格といえるでしょう。 また、近年ではIT技術がどんどん浸透している背景から、どの業界であってもITの専門知識を重要視しているところが増えています。 しかし、営業先であるクライアントがITには弱いという企業もたくさんあるのではないでしょうか。 営業活動を行っている方であれば実感されていると思いますが、一昔前と比較してクライアントとITに関わる会話をする機会は圧倒的に増えていると思います。 そして今後その会話が減るということはほとんどないでしょう。 情報技術者の資格を学んでおけば最新の技術やニュースの内容についての理解が深まり、営業としての情報収集能力や提案能力を格段に向上させることができます。 このことから、営業職の方がIT情報技術の知識を身につけておくことは非常に重要といえます。 営業に役立つ資格 ~日商簿記~ ビジネスをする上で避けて通れない「ヒト・モノ・カネ」のお金に関わるのが簿記検定です。 基本的に簿記は企業の会計を行う経理が取得する資格で営業の仕事には関係がないように思われがちです。 しかし、営業パーソンとしてカネの流れを理解するということはとても重要といえます。 簿記は主に、企業の貸借対照表と損益計算書の作成過程を学ぶことを目的とした資格試験です。 これを学ぶことでひとつひとつの取引が企業の経営成績と財政状態にどのような影響を与えるのかという個別事象だけでなく、貸借対照表と損益計算書という企業の全体像を把握することができるようになります。 営業活動において財務分析、企業分析などをするにあたり、財務諸表や勘定科目の意味や貸借対照表と損益計算書の構造などを理解するのは大切なことで、会計数字を理解した上での営業提案なのか否かで、契約までの流れに大きな差が生まれます。 クライアントの財務諸表への理解度が高まれば、提案の説得力向上に役立つということから簿記資格を取得することで営業スキル全体の底上げにつながります。 このことから簿記は経理などの専門職だけでなく営業職の方も取得を目指したい資格といえるでしょう。 日商簿記は難易度順に1級・2級・3級があり、2級以上の取得を目指しましょう。 資格を取得し、営業パーソンとしての価値を高めよう 営業職ではもちろん実績や仕事内容が重視されますが、今回紹介をしたような資格を取得することでクライアントからの信頼度を高めることに役立つことが多々あります。 そして、資格取得のために勉強した知識を実際に自らの営業活動に取り入れることにより、営業パーソンとして活躍していくことができるでしょう。 WAKE UPでは営業職の方に役立つ資格取得の勉強から仕事術など、さまざまな学習ができます。営業スキルの向上を目指したいという方はぜひWAKE UPを活用して知識を深めていきましょう。 >わずか3分で簡単登録できます

0 2
営業

2018.05.17

スクールと動画学習について。営業で役立つ講座のご紹介

「スクールと動画学習について。営業で役立つ講座のご紹介」 営業の仕事をしていてスキルアップを目指している人の中には何か講座を受講してみようかと考えている人も多いかと思います。 受講することで、自分では気づけなかった発見があるかもしれません。そこで今回は、営業の講座の受講についてご紹介します。 スクールなどの講座に参加するメリットとデメリット スクールなどは自己啓発・自己投資の方法として有力ですが、これにはメリットとデメリットがあります。 知識やノウハウが得られるほか、何かのきっかけになることなどのメリットがありますが、事前に詳細な内容が分からないため期待外れとなる可能性があります。 スクールで得られるメリット ノウハウが得られる スクールなどで講座に参加することで、同じ知識を求める人と接し、周囲から知識やノウハウを得ることができ、スキルアップにつながります。 文章では伝えづらいことや書けないこともスクールでは直接聞くことができ、書籍などで学ぶよりも頭に入ってきやすいこともあるため、効果的なこともあります。 動機付けになる・意欲が高まる スクールに参加することで、何か行動するための動機づけになったり、意欲が高まったりします。 たとえ具体的な知識やノウハウが得られなかったとしても、講座に参加することで刺激を受けて、モチベーションが高まって新しいことを始めることができれば、講座に参加した意義があったといえます。 スクールのデメリット 内容が求めているものと違っている可能性がある スクールなどは内容が事前に分かってしまうと参加する意味がなくなってしまうので、事前にはおおまかな内容しか知らされないことがほとんどです。 スクールの内容が自分の求めているものと違っている可能性があり、事前に詳しい内容が分からないことがスクールのデメリットの一つです。 効果があるかどうか分からず参加することで刺激を得ることができますが、そこで得た知識や刺激が自分にとってどのような効果があるのか、求めていたものなのかが事前に判断しづらいのです。 スクールで得たことは実践・実行しないと意味がない これが一番重要なことです。スクールで知識やノウハウを得たり、やる気が出たりしても、それで満足してしまって、何の行動にもつながらなければ、参加した意味がなくなってしまいます。 スクールで知識やノウハウを得た場合には実践することが大切ですし、やる気が出たのであれば何かを実行に移すことが重要です。 費用に見合わない場合も多い スクールで最も注意しなければいけないのが、費用に見合わない内容のスクールがあることです。 近年ではスクールが営業手段や収益化の手段として認知されているためスクールや講演会が多数開催されています。 動画学習のメリット 営業の動画学習というのがあるのをご存知ですか?  いつでもどこでも見ることができて、自分の空いた時間に好きなだけ学習できるという利点があります。 そして、少し分かりにくかったなと思うことがあれば、繰り返し見ることができる、つまり気の済むまで繰り返し学習ができるということです。 これが普通のスクールとの大きな違いです。スクールは一回受講したら終わってしまいますが、動画学習の場合だと、分かるようになるまで何回でも学習することができます。 WAKE UPで学べる! 営業についてのお勧め講座 成果を出すにはコツがある! 1年目から使える営業テクニック https://wa-ke-up.jp/front__course/493/ センスや性格に左右されずに、営業部で成果を出していくためのコツやテクニックを学べる。 ビジネスマナーや上手なコミュニケーション方法など、営業部に限らず社会人1年目に必要な知識を幅広く学べる。 どこに行っても恥ずかしくない、営業パーソンとしての基礎的スキルを、実務の流れに沿って学べる。 これから勝てる人の訪問営業 https://wa-ke-up.jp/front__course/28/ 1営業になりたい人 今すぐに優秀だと認められたい人 部下に認められたい人 今すぐに勝ちたい人 訪問営業のノウハウを知りたい人 営業で失敗した人 1になって夢をつかみたい人 トークスキルを磨きたい人 コミュニケーションを向上させたい人 成果を出すにはコツがある!1年目から使える営業テクニック 基本編・ビジネスパーソンの基礎を身につける https://wa-ke-up.jp/front__course-set/4/ 営業パーソンとして必要となる、基本的なビジネススキルや知識が学べる 初対面の相手に好印象を持ってもらうためにチェックするべきポイントが学べる 取引先とスムーズにコミュニケーションが取れる会話メソッドが学べる エクセルやパワーポイントの効果的な使い方など、営業に限らずビジネスパーソンの基本となるPCスキルが学べる 残業なしで成果を上げ続ける営業の法則 https://wa-ke-up.jp/front__course/29/ 残業したくない人 今すぐに自分の時間が欲しい人 残業時間が苦痛な人 残業する意味が分からない人 時間の使い方のノウハウを知りたい人 残業で失敗した人 残業せずに夢をつかみたい人 成果を出すにはコツがある!1年目から使える営業テクニック 商談準備編・営業成績をあげる準備のコツ https://wa-ke-up.jp/front__course-set/5/ 商談を成功させるための事前準備について、重要なポイントが学べる 初対面の商談相手でもスムーズなコミュニケーションを取ることができるようになる 効果的なプレゼン資料作成のポイントがわかる 質の高いプレゼンを作るためのストーリー設計方法がわかる いかがでしたか? 今回はスクールを受講するメリット・デメリットや動画学習の紹介でした。 何でもそうですが、学んでも実行しなければ意味がありません。学習しても、それで満足してしまっては、お金の無駄になってしまいます。 大切なのは、行動に移すことです。そうすれば、学んだことは、水の泡にはなりません。必ず自分の力になります。そして、その心意気が重要なのです。 自分はできる、学んだことを活かせると自分自身に暗示をかけて、自分を信じてあげることも大切です。 WAKE UPの動画学習で学べば、営業としてスキルアップできること間違いなしです! 何より、動画学習で、心ゆくまで繰り返し学べるのがいいですね。一つひとつ営業としてのスキルを身につけ、一流の営業になりましょう!

0 2
営業

2018.05.14

営業セミナーで営業の基本・マーケティングの基本を学ぼう

営業は会社の売り上げに直結するため、どの企業も営業活動に力を入れている傾向にあります。 しかし、営業職に就いている人で営業が苦手と感じている人も少なくなく「理論的に学んだことがないので自信を持つことができない」「自社商品やサービスを押し売りするイメージがあって積極的になれない」と悩まれている方がたくさんいると思います。 このように営業で悩まれている方の多くは営業成績を上げるコツやポイントを知りたいと思われている人がいるのではないでしょうか。 この背景から、昨今では営業力強化を目的とした研修やセミナーなどが開催され、営業担当者として必要な営業の基本スキルを学ぶことができます。 では、具体的に営業セミナーではどのような営業スキルを学べるのかについて解説していきたいと思います。 営業セミナーで学ぶ営業の基本 営業活動において、業界や業種で取り扱っている商材などはそれぞれ違いますが、商談のプロセス・商談の流れに大きな違いはありません。 なかなか思うように業績が上がらないと悩んでいるビジネスパーソンは何となくの感覚で弱いと感じるポイントを改善するのではなく、商談プロセスのなかで商談の流れのどこに問題があるのかを把握し、具体的に改善をしていくことが大切です。 具体的に営業プロセスには、 訪問先の選定 関係構築 課題の明確化 商品・サービスの提案 契約 というような流れが基本にあり、このプロセスごとにそれぞれの対応力が必要となります。 訪問先の選定 自社商品やサービスを提案するときには「誰にどのように提供をするのか」ということを考えましょう。 ただやみくもに訪問先を探すのではなく統計データを活かしてお客様となりえる状況を数字で読み解き判断していくことが大切です。 具体的にはさまざまな市場があるなかで、ビジネスデータ分析を行い、統計を活かしてニーズを洗い出します。 ニーズに合った訪問先の選定を行い、質の高い訪問先へアプローチするためにはマーケティング分析力や統計力を身につける必要があります。 関係構築 新規営業先にアプローチをするときは、どのような相手でもうまく話せるようにし、相手の立場に立って分かりやすく説明できるようにしましょう。 ビジネスでは対人対応力がとても重要で、この能力が低いと取引先との関係構築がうまくいかず良い商談を行うことができません。 「聞く」「伝える」というのは対話の基礎中の基礎となりますが、これがうまくできないと悩む方も多くいるのではないでしょうか。 新規営業でコミュニケーションを取るのが得意ではない人は「苦手な人とも話せるようなコミュニケーションスキル」や「伝わりやすいようなロジカルコミュニケーション術」を身につける必要があります。 課題の明確化 営業活動では、営業先のニーズに合わせ問題を解決し、課題を明確化させることで仕事を円滑に進めていくことができます。 問題解決スキルを身につけるには問題特定・原因探索・対策立案の基本手順を学ぶことが大切です。 また課題を明確化し、営業先にとって最適な提案を実現するためには、 ニーズヒアリングを理解する 営業活動のなかで得た情報をフレームにまとめる お客様と一緒にニーズの整理を行う などのヒアリング能力を身につける必要もあります。 これらを身につけることによってお客様に納得いただけるようなべストな提案ができるようになり、成約率を上げることにつながります。 商品・サービスの提案 提案が一方的な説明になってしまったり、収集した情報整理の活用の仕方がうまくいかなかったりすると、営業先に響く提案を行うことはできません。 ニーズヒアリングで収集した情報を効果的に活用して提案内容をまとめるには企画・提案力といったスキルを磨くことが大切です。 なかなか思うように業績が上がらないと悩んでいるビジネスパーソンは営業セミナーに参加して理論的に学ぶことで、上記で挙げた商談プロセスのなかのひとつひとつの対応力向上を目指すことができます。 営業が学んでおきたいマーケティング戦略の基本的な考え方 昨今では、市場変化、競合他社との競争などが複雑に絡まり合うことからマーケティングの役割がとても大きくなっています。 マーケティング戦略を組み立てるときにはさまざまな基本的な手法が活用されているのでポイントが絞りにくいと感じられている方もいるのではないでしょうか。 ここでは代表的な分析手法として活用されるフレームワークの紹介をします。 環境分析で活用されるフレームワーク PEST分析(マクロ環境) 3C分析(業界分析) SWOT分析(自社分析) 基本戦略で活用されるフレームワーク STP分析 具体的施策で活用されるフレームワーク ・マーケティングミックス(4P) これらはマーケティング戦略において基本的な考え方とされていて、さまざまな営業セミナーで学ぶことができるでしょう。 分析手法を学ぶとどうしても手法だけにとらわれてしまいがちになってしまうということがあります。一番大切なのは分析した結果を踏まえて「何を読み取るか」「どう戦略として具体的に落とし込むか」ということがポイントです。 営業セミナー以外でも、営業・マーケティングの基本は学ぶことはできる? 営業成績を上げるコツやポイントを学びたいという方は「営業の基本」「マーケティングの基本」から学び、実践することから始めましょう。 これらのスキルは営業セミナーを受講することで理解を深めることができます。 ただ、「営業セミナーは受講料が高い」ということや「普段の仕事が忙しくて営業セミナーに参加することができない」と感じるビジネスパーソンも少なくないでしょう。 このように感じられている方におすすめしたいのが動画学習です。 WAKE UPでは今回お話しした営業やマーケティングの基本はもちろん、応用編や仕事に役立つさまざまな知識を動画学習で学ぶことができます。 動画視聴をしながらの学習になるので、いつでもどこでもスマホやタブレットで勉強することができるので忙しくて勉強する時間がないとお悩みの方でも気軽に始められます。 営業成績を上げるコツやポイントを学びたいという方はぜひWAKE UPの動画学習を活用してください。 >わずか3分で簡単登録できます

0 1
営業

2018.05.10

営業を本で学ぶのは効果的?おすすめの学習方法を解説

営業職として活動しているビジネスパーソンが多くいますが、誰でも一度は営業の壁にぶつかり悩むことがあるでしょう。 営業成績を上げるにはどうすればいいのか? 今よりも営業スキルを向上させたい などと考えている営業パーソンは、営業活動で活用できるコツやポイントなどのノウハウを学びたいと思っている人が多くいると思います。 このように営業のスキルを学びたいと思ったときに、そのノウハウを学べる方法のひとつとして活用できるのが本です。 今回は営業の本では具体的にどのような知識を深めることができるのかについて解説していきたいと思います。 営業に関する本の一例 現在、営業に関する本が数多く出版されていて、営業に役立つさまざまな知識を深めることができます。 具体的にどのような知識を深めることができるかというと 営業基礎 論理的な思考や伝え方 営業心理 などが挙げられます。 本で営業基礎を学ぶことができる 営業の書籍では、トップセールスの実績を持つ著者が出版していることが多くあります。実際に本を読んだ口コミや評判を見てみると、トップセールス著者の営業ノウハウはとても参考になると実感されている人も多くいるようです。 営業活動といってもテレアポや訪問など、さまざまな営業形態があり、web・保険・求人や人材募集のリクルートなどさまざまな業界がありますが、どのような営業活動や業界・業種であってもアポイントや契約を取るにはコツや法則が存在するといわれています。 どのような商材であっても基本的な営業プロセスは大きく変わることがないという特徴があり、一般的に営業フローはアプローチ・プレゼンテーション・クロージング・フォローアップで構成されています。 それぞれに押さえるべきポイントやテクニックがあり、アポイント率や受注数を急激に伸ばすことも可能です。 本で論理的な思考や伝え方を学ぶことができる 営業は自身と営業先担当者の信頼関係が成り立たないと良い商談をすることはできません。 コミュニケーションの基本は「聞くこと」「伝えること」で、これらは営業の基礎であるともいえます。 しかし、このコミュニケーションに対して苦手意識を持っている方は少なくなく「話を聞くことはできるけど、問題解決や提案をするときにうまく伝えることができない」と悩まれている方も多くいると思います。 そのような方におすすめするのが、論理的に課題を解決するための考え方、伝え方を学べる本です。 モノの捉え方は「伝え方が9割」といわれるほど、伝え方の良し悪しで印象や結果が変わるとされています。 そのため、コミュニケーション能力を上げたいと思われている方や伝え方の技術を学びたいという方は「営業に活かせるフレーズ」や「魅力的な言葉」が凝縮された本を読むことで効率的に学ぶことができるでしょう。 本で営業心理を学ぶことができる 営業シーンではさまざまなことに心理学を活用することができます。 例えば、 心理学を活用した営業戦略 心理学を活用したモチベーション管理 などが挙げられます。 心理学を活用した営業戦略では人間の根本的な心理を応用して成果につなげるような、クロージング心理術や営業コンサルなどがあります。 また、なかなか営業成績が上がらず、自分は営業に向いていないのではないか?と苦手意識を持つ方も少なくない営業職です。 心理学の本では著者自身が成績を出すことに悩んだ経験があるものの、どのようにして営業トップに上り詰めたのかというような書籍もあります。 このような本を読むことで考え方など大いに参考になり、モチベーションに左右されずに結果を出す仕事術を学ぶことができるでしょう。 営業を本で学習するメリット・デメリット 営業スキルを上げたいというときは、 独学を考え本で学ぶ セミナーに参加して学ぶ インターネットを活用して学ぶ などさまざまな方法がありますが、営業を本で学ぼうと考えている人のなかには「本で学ぶことが正解なのか?」と勉強方法に疑問を抱く人もいると思います。 ここでは、営業を本で学習するメリットとデメリットについて解説していきます。 営業を本で学習するメリット 【メリット①~気軽に始められる~】 営業に悩んでいるということがあれば、書店やAmazonや楽天などのインターネット通販を利用して、その悩みごとに沿った内容の本を手軽に購入することができます。 【メリット②~学習コストが安い~】 例えば、ビジネスセミナーなどに参加するような場合は1回の講義につき数千円~数万円の受講料がかかることがあります。 営業関係のビジネス本や実用書などは1冊1,000円程度から販売されているので、学習コストを抑えて勉強することが可能です。 営業を本で学習するデメリット 【デメリット①~学習意欲を保つことが難しい~】 本は自分のペースで勉強することはできますが、ゆっくりと勉強できる環境が必要です。 多くの場合、落ち着いて勉強できる自宅やカフェなどが利用されますが学習意欲がないとまた今度にしようと、学習を習慣的にするのが難しいということがあるでしょう。 【デメリット②~復習がしにくく効率的ではない~】 勉強をしていると、前に読んだ内容を振り返るときもあると思います。 本ではどこで読んだ内容か分からなくなったり、読みたい本が手元にないと振り返れなかったりなど効率的な勉強ができないことがあるでしょう。 独学で営業を学ぶなら動画学習を活用しよう 営業に役立つ勉強をしたいと思ったときに本を活用することで知識を深めることができますが、上記で挙げたようなデメリットがあり、なかなか勉強がはかどらないと感じる人も多くいるのではないでしょうか。 そこで、独学で営業を学ぶときはパソコンやスマホを利用した動画学習をおすすめします。 動画学習を利用すれば、普段持ち歩いているスマホから営業の勉強をすることができるので「移動中の電車内」や「仕事の間の休憩時間」など、いつでもどこでも動画視聴ができます。 隙間の時間で手軽に視聴できることで習慣化され、効率の良い学習を継続することが可能になるでしょう。 WAKE UPでは、営業シーンに役立つさまざまな受講内容を動画学習で学ぶことができます。 ・本で営業の勉強をしたいけど継続できるか心配 という方はぜひWAKE UPの動画学習を利用して、営業力向上を目指していきましょう。 >わずか3分で簡単登録できます

0 1
営業

2018.05.07

訪問営業のコツを徹底解説!飛び込み営業を成功させるポイント

現在、さまざまな営業活動の方法が増えていますが、今もなお多くの企業の営業手法として用いられているのが訪問営業。 企業や個人を問わず商材に合ったニーズの新規開拓として用いられ、飛び込みで新規先に営業する機会も多い特徴にあります。 営業市場において、たくさんの営業パーソンが活躍している訪問営業や飛び込み営業ですが、 飛び込み営業がつらい なかなか契約が取れなくて困っている などと思われている方も多いのではないでしょうか。 なぜなら訪問営業は例えばテレアポのようにセールストークのみで決まるものではないからです。 訪問営業で契約を獲得するには事前に「心得ておきたいこと」や「営業スキル」などさまざまな要素が必要となります。 今回は、飛び込み訪問営業を成功させるポイントやコツについて紹介をしていきたいと思います。 訪問営業で成功するために心得ておきたい3つのポイント 訪問営業は体力的にも精神的にもつらく感じることがたくさんあるのではないでしょうか。 そのため、事前に心得ておきたいポイントがあります。 ここでは、 時間を有効的に使うこと 訪問数にこだわること 断られて当たり前と思うこと に分けて、それぞれのポイントについて解説していきます。 訪問数にこだわること 訪問営業では訪問数×成約率=契約件数といわれることがあり、訪問件数が少ないとその分契約を獲得することはできません。 訪問数に対しての成約率は2~3%程度が一般的な数値といわれています。 商材や営業能力によって個人差はありますが、飛び込み営業では10件に7~8件程度は話も聞いてもらえない無駄な飛び込みといわれていて、まともにお客様と話ができるのは良くて10件中2~3件です。 つまり100件の飛び込み営業をして30件の見込み顧客と商談ができ、受注獲得は2~3件という計算がひとつの目安となります。 このことから、顧客を獲得するにはまず「訪問の絶対数」を増やすことを重視するようにしましょう。 時間を有効的に使うこと 営業には、売れる人・売れない人といったように個人差があります。 しかし、どのような人でも必ず平等なものがあります。 それは時間です。 訪問営業活動では、社内での業務より外出している時間が大半を占める方がほとんどだと思います。 出勤途中や顧客先への移動中などスキマ時間を活用して業務の生産性を向上することで効率の良い営業を行うことが可能となります。 具体的には、 顧客とコミュニケーションのネタになるニュースを探す 営業トークの見直しをする 訪問先への順序や時間効率の良い交通手段・ルートの見直しをする などスキマ時間を有効的に使うことを意識しましょう。 断られて当たり前と思うこと 飛び込み営業を繰り返していると、訪問先のほとんどで断られ不安で嫌になりアプローチが消極的になってしまうケースがあります。 訪問恐怖症と呼ばれることもあり、営業パーソンがつらいといわれる要因のひとつです。 断られることが続くと「自分だけうまくいかない」という思考になってしまいますが、どんなトップ営業であっても、百発百中で成約になるということはありません。 重要なのは、訪問営業では顧客を選ばないことです。 自社商品やサービスを利用するかしないかを選ぶのは顧客であって、営業パーソンではありません。 もちろん営業能力に左右されることもありますが、そもそも訪問先にニーズがなかったというケースもたくさんあるので「断られても仕方ない。機会がなかっただけ」とある程度、開き直ることも大切です。 ただ断られる理由として、営業パーソン自身のトークや第一印象に問題がある可能性もありますので、負担にならない気持ちのコントロールを実践しながら営業スタイルを見直すようにしましょう。 訪問営業で成功するために押さえておきたい5つのコツ 訪問営業パーソンとしての心得を身につけ効率的・効果的な営業活動を行えるようになりましたら、次は営業精度を向上するよう目指しましょう。 訪問営業で役立つコツはさまざまありますが、ここでは押さえておきたい5つのコツを解説していきます。 飛び込み営業は第一印象が大切 人の第一印象は最初の15秒で決まるといわれています。 そのため、飛び込み営業ですぐに断られないようにするには、ビジネスパーソンとしてのエチケットに注意を払い第一印象を良いものにしましょう。 具体的には身だしなみと挨拶に気を付けましょう。 身だしなみを整え清潔感を持つということはとても大切なことです。 自身では大丈夫と思っていても、寝癖、スーツの汚れ、口臭などで相手に悪印象を与えてしまう可能性がありますので、訪問前は乱れているところがないかチェックするようにしましょう。 挨拶はコミュニケーションの基本です。 しかし、悪い意味で営業に慣れてしまうと挨拶が粗末になってしまうという人も多くいます。笑顔で明るく丁寧に行い、また同時にしっかりと頭を下げ、静止し、頭をあげるといったお辞儀も忘れないようにしましょう。 常に気持ちの良い対応を意識する 営業活動で断り続けられてしまうと、焦りから無理をしてでも売ろうと思ってしまうことがあります。気持ちに余裕がないと売りの姿勢が強調されてしまい、それは相手にも伝わってしまいます。 これでは、良い商談を行うことはできません。 商談をするときは「判断は今日じゃなくても良い」というくらいの表向きの姿勢を取り安心感を与え、タイミングを見計らって的確に提案するようにしましょう。 このとき、あくまで「顧客に対してのメリットになりますよ」といったスタンスを持つことで信頼される気持ちの良い対応を行うことができます。 褒められて嫌な気持ちになる人はいない 会話をしているなかで、「どこを褒めたら喜ぶか」ということを一瞬で判断する力を身につけ実践しましょう。 そして褒めるときのポイントは3つ、「大げさに褒める」「ひとつしか褒めない」「すぐやめる」ということを意識しましょう。 意味としては、 大げさに褒めることで、しっかりと伝える。 ひとつしか褒めないのは、話題を広げ過ぎてしまわないように。 すぐにやめるのは、くどくならないように。 するためです。褒めることに全力になってしまうと、お世辞だと見抜かれてしまいます。 また、お世辞の心得として、 恥ずかしさや自尊心を捨てる 顧客が自慢したいところを見抜き褒める ということが大切です。 とにかく数をこなすようにする 営業というのは不思議なもので1件契約を獲得すると「もう1件、さらに1件」と調子が良いときは継続した成果を得ることができます。 継続した成果はモチベーションアップにつながり、積極的な営業活動を行うことができるのでリズムを逃さないよう限界超えを目指しましょう。   テレアポを成功させるには知識を深め実践していくことが大切 上記でお話をしたように、訪問営業で成功するには、さまざまなポイントやコツがあります。 ただ、今回解説した内容はほんの一例で、訪問営業で押さえるべき知識は多岐にわたります。 WAKE UPでは、今回紹介したコツやポイント以外にも、訪問営業で役立つ仕事術やノウハウなどを動画学習で学び身につけることができます。 今以上に営業能力を向上させ活躍していきたいという方は、ぜひWAKE UPを活用してさらなる高みを目指していきましょう。

0 1
営業

2018.05.03

テレアポのコツを徹底解説!電話営業の手法とポイント

電話を利用した営業活動は多岐にわたります。 電話でアポイントを獲得するテレアポ 電話一本でフロントからクロージングまで行うテレマーケティング 問い合わせ対応を行うインバウンド 専門的な顧客フォローを行うカスタマーサポート 現在、時代に合わせたさまざまな営業手法が増えている世の中ですが、まだまだ電話営業での活動に力を入れている企業は多くあり、ビジネスにおいて電話のスキルは必須と言っても過言ではないでしょう。 そのなかでも、企業の売り上げを左右するものにアウトバウンド業務があります。 いわゆるテレアポやテレマーケティングは個人・法人問わずに営業活動を展開できることから営業市場のなかでも重要視されることが多く、新人営業パーソンの研修や、新規クライアントの獲得を目的に用いられている傾向があります。 ただ、テレアポは「話がうまくいかない」「案件の獲得ができない」と感じられている方が多くいると思います。 なかなか成果が出ない人の多くは、テレアポのコツを知りたくありませんか? 今回は「テレアポに欠かせない重要な要素」「成功するコツ」について紹介していきたいと思います。 テレアポに重要な3つの要素 テレアポは、無作為に電話すれば案件を獲得できるという単純な営業手段ではありません。 電話営業において「売れる営業」になるためには、 営業リスト トークスクリプト トーク力 この3つの基本的な要素が重要となります。 営業リスト 電話営業を行うとき、まず初めに実施するひとつに電話をかける先のリストアップがあります。 どんなに魅力的な商材を取り扱っていたとしても「どのような企業や個人に電話をするか」によってアポ率や成約率の精度は大きく変わります。 アポ率や成約率の精度を上げるためには、自社商品やサービスのニーズのある営業先に架電する必要があり、企業でも個人でもそのニーズにマッチした相手を探さなければなりません。 具体的に、企業であれば事業内容、会社の規模、地域性など。 個人であれば年齢や性別、推定年収など。 それぞれの条件をセグメントして営業先をリストアップするようにしましょう。 トークスクリプト トークスクリプトは主に フロントトーク(挨拶など話し始め) メイントーク(商材の紹介・提案やヒアリング) クロージング(アポ獲得や受注獲得) の3つで構成されるのが一般的です。 トークスクリプトは電話口でどのように話を展開し、受け答えするかというものを論理付けた台本のようなものです。 「興味付けさせるためにどうトークをするか」「断りを受けた際どのように切り返すか」「アポや受注を獲得するためにどのように話を落とし込むか」など電話をする前に道しるべとして決めておかないと、毎回会話の流れがブレてしまい効率的な電話営業ができなくなってしまいます。 そして一度トークスクリプトを作成したら、それで完成という訳にはいきません。 電話営業のトータルサポートは良い点・悪い点をその都度ブラッシュアップすることが大切です。 具体的には「電話営業を行っているチームでトーク改善のためにミーティングをする」「実際の電話を録音したものを聴き返し会話のズレがないか?内容はしっかりと伝えられているか?などを確認する」といったことを実践し、アポ精度や受注精度を上げるためにどのような改善が必要なのかをブラッシュアップし、トークスクリプトに反映させるようにしましょう。 トーク力 テレアポやテレマーケティングといったアウトソーシングの営業電話は商材の知識を理解し魅力的に顧客に伝えなければいけません。ただ、必要なのはそれだけにはとどまらず いかに電話で興味を持たせることができるか。というトークスキル 見込み顧客がおかれている状況に合わせた話をする。といった感応力 自分が意図した着地点(アポや受注といったゴール)に見込み顧客を誘導する。という対応力 などを身につける必要があります。 これらを身につけるには数多く電話をかけるなかで試行錯誤しながら養われていくものなので、意識をして架電を行うことが重要です。 ただ、電話でのコミュニケーションは非常に難しく「なかなかアポや受注の話ができない、うまくいかない」ということはありませんか? 電話営業は顔を合わせないで電話口で完結してしまうため「何を言っているのか分からない」「電話だけで済まそうとしている」など、マイナスな印象を与えてしまうこともあります。 そこで、次に実際にテレアポを成功させる確率を高めるコツ・ポイントについて紹介していきます。 テレアポを成功させるための5つのコツ テレアポは電話で営業するという特性上、 相手に伝わりにくい 要点を理解してもらえない などで悩むこともあるでしょう。 電話営業のコツはさまざまありますが、ここでは押さえておきたい5つのコツを解説していきます。 テレアポ成功のコツ ~ゆっくり話す~ 電話営業では自分が思っている以上に早口になってしまう傾向があります。 早口になってしまうと、何を言っているのか伝わらなく相手に対して、ストレスや負担を与えてしまいます。 このことから、テレアポにおいて早口は厳禁です。 「普段よりもゆっくり話す」ということを意識しないと、なかなか改善することはできないので、早く話す癖のある人は特に注意を払うようにしましょう。 テレアポ成功のコツ ~声のトーンを上げる 低い声は安心感や信頼感を与えることができますが、電話では聞きづらい印象を与えてしまうことがあります。 そのため、相手にとって聞きやすい声を意識し、普段よりも少しだけトーンを上げるようにしましょう。 テレアポ成功のコツ ~ポイントを絞る~ 電話営業では要点を示して話さないと、「だから何が言いたいの?」「いつまで話すの?」と思われてしまうことがあります。 これでは、相手も聞く態勢になれなく電話を切りたくなってしまいます。 そのためあらかじめ「お伝えしたいことは3つあります」など、ポイントを絞って聞きやすくするようにしましょう。 テレアポ成功のコツ ~沈黙を怖がらない~ 質問をしたり、問いかけたりするときに相手が黙ることがあると思います。 黙っているときは相手が考えている時間です。 ここで焦って、話しすぎてしまうと、まくし立てている印象を与えてしまい、マイナスイメージになってしまいます。 不安や心配から言葉を投げかけてしまう人がいますが、余裕を持って沈黙を与えることはとても大切なことです。 そのため、沈黙を怖がらない待つ勇気を持つようにしましょう。 テレアポ成功のコツ ~新規のテレアポは数が大切~ 電話営業は、訪問営業よりも多く営業先にアタックできる営業手法です。 ただ、必要以上に行動量を担保しないと、成果は出ません。 そのため、電話をかける数を稼ぐように意識をしましょう。 テレアポを成功させるには知識を深めることが大切 上記でお話をしたように、テレアポで成功を収めるには 重要な要素 コツやポイント などがたくさんあります。 ただ、今回解説した内容はほんの一例で、電話営業で押さえるべき知識は多岐にわたります。 WAKE UPでは、今回紹介したテレアポを成功させるコツやポイント以外にも、成功に役立つ仕事術やノウハウなど動画学習で学び知識を深めることができます。 テレアポのスキルを向上させ実践で活躍していきたいという方は、ぜひWAKE UPを活用して営業能力を伸ばしていきましょう。

0 0
営業

2018.04.30

営業職の転職市場を徹底解説!業界ごとの特徴とその仕事内容について

「営業職の転職市場を徹底解説!業界ごとの特徴とその仕事内容について」 世の中にはさまざまな業界がありますが、どの業界においても、営業職は売り上げに直結する大きな役割を担っています。 そのため、多くの企業が営業職の人材募集に力を入れています。 20~30代の転職市場では、営業職への転職にチャレンジしたいと考えている人も多く、「どのような業界が自分に向いているか」や「営業職への転職のコツ」を知りたい人は多いでしょう。 今回はそんな人に向けて、営業職における転職の特徴や、成功させるポイントについて解説していきたいと思います。 営業職の特徴と転職市場 ひと口に「営業」と言っても、さまざまな種類があります。 業界や企業によって、 ・ターゲットとなる顧客層 ・取り扱う商材の種類 などが異なり、それぞれの組み合わせによって仕事内容も変わります。 具体的に見ていきましょう。 営業職の分類 ~顧客層~ 営業職と言ってもさまざまな業界があるため、その業界ごとにターゲットとなる顧客層が異なります。 主にどのような顧客に対して営業をするかと言うと 法人営業 個人営業 があります。 【法人営業について】 法人営業とは、企業同士の取引を担当する営業です。 企業間取引となるため、BtoBと言われることもあります。 取引先のニーズに合わせた企画や提案を行い、自社商品を販売するという特徴があります。自社の利益だけではなく、相手企業の事業に深く入り込み事業成長や問題解決をしていくコンサルティングのような営業活動を行うということも多くあるでしょう。 【個人営業について】 個人営業とは、特定の個人に対しての取引を担当する営業です。 一般家庭などに営業活動・取引をすることもあることから、BtoCと言われることもあります。 お客様個人に対してすすめる商品やサービスがニーズに合っているかということも重要ですが、個人営業ではどんなにいい商品を提案でき、気に入ってもらえても営業側に対する信頼や信用がなければ取引が成立しないことも多々あります。 「この営業だったら検討してもいい」というような、好き嫌いの部分が影響することも多いため、コミュニケーション能力も大切になるでしょう。 営業職の分類 ~商材の種類~ 企業で取り扱う商材は、大きく分けると、 有形商材 無形商材 の2つに分類されます。 【有形商材】 一般的にカタチがあり手で扱える商材を有形商材と言います。 主な業界で例えると、 メーカー 商社 製薬 不動産 などが挙げられます。 商材は一般用品から、貴金属、自動車、住宅など具体的なものを取り扱っており、購入者側に現物を見せることで売買後に使用するイメージを持たせやすいことが特徴としてあります。 【無形商材】 一般的にカタチがないサービスの取り扱いをしている商材を無形商材と言います。 主な業界で例えると、 保険 金融 IT 広告 人材 などが挙げられます。 カタチがないサービスを販売することから、購入者側に売買後のイメージを持たせにくいという特徴があるので、押し売りにならないよう「問題提起」や「サービスを利用することでのメリット」を提案し、イメージを持たせるような営業を行うことが大切です。 営業職の転職市場。人気の業界・職種を目指そう 営業職は他の職種と異なり、年齢や経験を問わず若い世代から転職することができる特徴があり、未経験の業界や未経験の職種へチャレンジすることが可能です。 転職を考えるときは、多くの方が「今よりも収入のいい業界の転職を目指したい」と思われていると思います。 営業職では、どの企業に勤めても基本給に大きな差がないことが特徴です。 ただ、高収入を獲得している営業パーソンは、インセンティブが高い業界・企業で活躍している傾向にあります。 そこで、今よりもいい条件の転職先を探しているという方に人気な転職先は 証券 保険 IT 不動産 などがあります。 しかし、これらの業界は未経験だから転職がうまくいくかどうか不安を感じる方もいるでしょう。 そこで、次に営業職が転職をするときに役に立つスキルや資格について解説していきたいと思います。 営業職が転職するときに役立つスキルについて 企業によっては営業職に転職するときに特別な資格はいりません。 ただ、未経験でも誰にでもチャレンジができる営業職ですが転職に有利なスキルや資格の習得を身につけることによって転職活動を有利にすることができますので、さまざまなスキルや資格を目指すようにしましょう。 営業職に求められるスキル 営業職の特徴として有形商材と無形商材どちらを扱うことになっても、それぞれに難しさはあります。さらに求められる素質や身につく能力も異なってきます。 では、そのような能力が適していて身につけるといいのかについて解説していきます。 有形商材の場合は、それぞれの企業ごとの商材知識、ニーズの開拓や競合調査などマーケティング、コミュニケーション能力が必要となります。 また、無形商材の場合は、取引先に対しての課題発見、問題解決、提案力、コミュニケーション能力などが必要となります。 また、有形商材・無形商材に関わらず、必要とされるスキルは基本的なパソコン操作とExcelやPowerPointなどの操作です。 インターネットの普及から、最近ではデータ収集、提案資料などでパソコンを大いに使用することが増えました。そのため、営業職に使用されるさまざまなツールの操作や基本的なパソコン操作は最低限身につけておくようにしましょう。 転職するときに役立つスキルを身につける方法 営業職に転職するときに役立つ知識・スキルは今回紹介したもの以外にもたくさんあります。そのため、転職を成功させるポイントとして、さまざまな知識を普段の仕事外で学ぶことが大切です。 ただ、「どのように学習をすればいいか?」ということに悩んでいる人も多いと思います。 そのような方にぜひ活用していただきたいのがWAKE UPです。 WAKE UPでは、営業職が身につけたいスキル・仕事術などを幅広く学ぶことができ、転職のとき役立つ学習も受講できるようになっています。もちろん、今回お伝えした営業職の転職に役立つスキルも習得することが可能です。 営業職に転職をお考えの方はぜひWAKE UPを活用して成功を目指しましょう。  

0 0
新着お知らせ

2018.04.27

【期間延長】月額が約80%OFF!MASTERプランご登録キャンペーン実施中

月額が約80%OFFになる「MASTERプラン」ご登録キャンペーン WAKE UPでは日頃の感謝を込めて、月額980円(税込)の新しい特別プラン「MASTERプラン」のご登録キャンペーンを期間限定で実施中です。※月額4,980円(税込)のADVANCEプランと比較して、約80%OFFとなります。 「MASTERプラン」とは? 月額980円で「ADVANCEプラン」「BASICプラン」「FREEプラン」のすべてのサービスがご利用いただける特別なプランです。 キャンペーン期間中の今だけご登録が可能です。 ※料金は全て税込表示です。 ※単品販売コースは別途ご購入料金が発生いたします。 >わずか3分で簡単登録できます 「MASTERプラン」にご登録いただける期間 ご好評につき期間延長決定! 2018年5月31日(木)23:59まで ※上記期間中は「FREEプラン」以外すべての月額制有料プランのご登録が「MASTERプラン」のみとなります。 ご登録キャンペーン期間中に「MASTERプラン」にご登録されたお客さま全員が対象です。 ※すでに「ADVANCEプラン」「BASICプラン」「FREEプラン」をご利用中のお客さまも「MASTERプラン」へのプラン変更が可能です。 よくあるご質問 Q MASTERプランはいつまで利用可能ですか? A ご登録キャンペーン期間中にご登録いただければ、月額980円にて無期限でご利用いただけます。 Q MASTERプランで登録後、FREEプランにダウングレードしたのですが、もう一度MASTERプランにアップグレードできますか? A はい、キャンペーン期間中であれば可能です。 Q MASTERプランで登録後、退会してしまったのですが、もう一度MASTERプランに登録できますか? Aはい。ご登録キャンペーン期間中であれば、いつでもMASTERプランにて再登録が可能です。ただしその場合、再度月額料金980円がかかります。 Q ADVANCEプランからMASTERプランに変更したのですが、今月分の料金から980円になりますか? A いいえ。すでにADVANCEプランをご利用いただいていた場合、当月分の料金ご請求はADVANCEプランの金額(4,980円)となります。翌月分料金よりMASTERプラン(980円)でのご請求となります。 Q 退会したいのですが。 A こちらのページよりご退会処理をお願いいたします。ただし、一度ご退会されますと再度ご登録時にもう一度料金がかかりますのであらかじめご了承ください。 >わずか3分で簡単登録できます お問い合わせ WAKE UPサポートチーム support@wa-ke-up.jp 受付時間:平日11:00~18:00 土日祝日は、お問い合わせの回答が翌営業日以降となります。 あらかじめご了承ください。 MASTERプラン 免責事項 ・MASTERプランご登録キャンペーン期間中はFREEプランを除き、すべての月額有料プランへのご登録にMASTERプランが適用されます。 ・すでに「FREEプラン」「BASICプラン」「ADVANCEプラン」をご利用中のお客さまには、MASTERプランが自動適用されません。ご希望の場合はご自身で手続きを行っていただく必要がございます。 ・MASTERプランでご利用いただけるサービス内容は変更となる場合がございます。 ・単品販売コースは別途ご購入料金が発生いたします。 ・当サービスでは毎月26日0時に翌月分料金をご請求させていただいております。26日~月末日までの間にMASTERプランへご変更いただいた場合、MASTERプラン料金のご請求は翌月26日となりますのでご注意ください。 例)12月にADVANCEプラン(月額4,980円)ご利用中のお客様が、12月27日にMASTERプランへご変更された場合 12月26日 1月分のADVANCEプラン料金(4,980円)をご請求。 12月27日 MASTERプランへご変更。(この時点でMASTERプラン料金のご請求はございません) 1月26日 2月分のMASTERプラン料金(980円)をご請求。

0 0
営業

2018.04.26

営業職に役立つスキルを身につけ、実践で活かそう

営業職は、業界を問わず、多くの企業において求められている職種のひとつです。 営業職の採用に力を入れている業界は、 証券 保険 IT 不動産 などが挙げられますが、BtoBビジネス、BtoCビジネスともに営業で活躍できる場は多岐にわたります。 営業職には基本的に、給与が営業結果に左右されやすい、という特徴があります。 売り上げを伸ばすほどインセンティブが高く、高収入であることから、多くの営業は「さらに活躍したい」という理想を目指し、スキル向上を図っています。 そこで今回は「デキる営業」になるためにはどのようなスキルを身につけ実践していくことが大切なのかについて解説していきたいと思います。 営業職に求められるスキル ~分析能力~ 営業職は自社商品やサービスを取引先である法人や個人に営業して販売をすることが主な業務内容です。 新規営業や既存営業など取り扱う商材は企業によって異なりますが、どのような営業職でも求められるスキルとして分析能力があります。 具体的にどのような分析能力が必要になるかというと、 自己分析 競合分析 顧客分析 などが挙げられます。 それぞれ解説をしていきましょう。 自己分析について 営業では、ほとんどの場合ノルマが設定されます。 そのノルマを元に、毎月目標を達成していかなければなりません。 営業のなかには毎月目標設定しているトップ営業がいますが、必ずしも社内全員の営業が目標達成できるとは限りません。 そこで、「デキる営業」になるために重要なのが自分の実力を把握することです。 多くの企業において、営業活動を行う上でKPIを設定し、目標達成するまでの段階を設定します。 例えば、営業がうまくいかないということがあれば、売れている営業はどのようなKPIの設定をして営業活動をしているのかを観察し、自分でまねできるところがあれば実践してみるといったことで営業成績を上げることが可能です。 そのため、営業スキル向上を目指している方は、自分の営業スキルと目標設定の自己分析をしっかりと行い、足りない部分を売れている人を参考にするようにしましょう。 競合分析について 多くの商品やサービスは一社独占のものは少なく、ほとんどの場合競合となる企業が存在します。 そのため、自社の商品やサービスは、競合と比較をして、強みとなる武器はあるか、劣っている課題はあるかなど分析をし、営業活動をすることがとても重要です。 自社の商材ばかり目を向けてしまうと、独自の強みや弱みが見えてこないことから、営業活動を行う際は必ず広い視野を持って提案を行うようにしましょう。 また、企業間取引の場合では、顧客と信頼関係が築けていれば、競合他社の情報を聞き出せたりすることがあるため、コミュニケーション能力を磨くことがポイントです。 顧客分析について BtoBであっても、BtoCであっても商品やサービスの導入を検討する顧客は、いくらいい営業をしてもニーズやタイミングが合わないと契約は成立しません。 そのため、取引先との商談の際は的確な提案ができるようにしっかりとヒアリングして商談を行うことが重要です。 そのため、さまざまな角度から物事を考え伝えられるように幅広いマーケティング能力を身につけることが大切といえるでしょう。 分析力をより向上させるために必要なスキル 上記でお伝えをしたように、営業職は商材の専門的な知識を深め提案する以外に、さまざまな分析能力が必要となります。 分析した内容は主にExcelやPowerPointを用いて、資料とすることが多いため最低限これらのツールは操作できるようにしましょう。 分かりやすい分析結果をまとめることができるようになると、整理され問題提起・現状解決がされやすくなり戦略的な営業活動を行えるメリットになります。 営業職に求められるスキル ~コミュニケーション能力~ 社会で働くには人間関係はつきものです。 特に営業職では、仕事でたくさんの人と関わらなければいけないということがあります。 そのため、営業職に就いている人はコミュニケーション能力を大いに求められます。 では、主にどのような場面でコミュニケーション能力が求められるかについて解説していきたいと思います。 企業内でのコミュニケーション 営業は、電話営業や訪問営業などが主な活動になりますが、ひとりで仕事をしているという感覚に陥りやすく、成績不振が続くと精神的な負担となってしまうことも多いでしょう。 営業はチームで行うものです。チームとして営業活動を行うことで士気を高め相乗効果で部署全体を盛り上げ、業績を上げることにつながります。 そのため上司や同僚とのコミュニケーションを上手に取ったり、後輩をマネジメントしたりということが大切になるため、自身の営業スキルを上げるにはコミュニケーション能力・マネジメント能力を磨くことがポイントとなるでしょう。 取引先とのコミュニケーション 企業ではさまざまな業種がありますが、そのなかでも営業職は顧客と直接やり取りをすることが多いという特徴があります。 誠実な対応をしていくことで信頼が生まれ、いい取引ができる企業を増やすことで、継続した付き合いや紹介などが増えるため、コミュニケーション能力を向上させることが営業職としてのスキルを高めるコツです。 営業職に求められるスキル ~ストレス・モチベーション管理~ 営業職の特徴として、常にノルマに追われるので、精神的な負担が大きいイメージもあるかもしれません。 またモチベーションを常に持ち続けることは難しいため、どうしても気持ちにムラが出てしまうということも少なくありません。 安定した精神で仕事をするには、ストレスを軽減させるような仕事術や思考を学び、実践することで効率的な営業を行うことができるでしょう。 実践で活かせるスキルを身につけるために 営業職は商材の知識を得て、営業すること以外にもさまざまスキルが求められます。 それらのスキルが身につけば、営業としてのレベルアップを実感することができるでしょう。 しかし、営業に必要なスキルは多く、それぞれのスキルのためにスクールに通うことは非常に難しいでしょう。 WAKE UPでは、今回お話した営業職で押さえておきたい分析やコミュニケーションのスキルや、パソコン操作、仕事術などを動画学習で学ぶことができます。 営業スキルを向上させたいと目指している方はぜひWAKE UPを活用していきましょう。 >わずか3分で簡単登録できます

0 0
マーケティング

2018.04.23

WAKE UPで学べる!マーケティングに役立つ講座紹介

ビジネスではマーケティングに関わるスキルを求められるシーンが多くあります。 そのため、業界や職種を問わずそれらの知識を深めたいと実感されている方も多くいるでしょう。 WAKEUPでは、ビジネスパーソン向けにさまざまな学習コンテンツを提供していて、もちろんマーケティングに役立つ講義も受講することができます。 幅広いマーケティングの知識を深めることで、自身のスキルアップやキャリアアップにつなげることができるので、ぜひ積極的に学んでいきましょう。 では、今回はWAKEUPで学ぶことができるマーケティングに役立つスキルアップ・資格取得の講座についてまとめていきたいと思います。 マーケティングに役立つスキルを身につけることができるWAKEUP講座 近年、スマートフォンやSNSの普及があり Webマーケティングの需要が高くなっている 以前よりも消費者の反応が見えやすくなった ことなどからマーケティングに注力している企業が増えている傾向にあります。 企業によっては研修やセミナーなどを実施して学ぶ場を設けていることもありますが、すべての会社がそのような環境を整えているという訳ではありません。 そのため、マーケティングに役立つスキルを身につけるには、普段の仕事以外に学ぶことが大切です。 WAKEUPを活用すれば、マーケティングに役立つさまざまなスキルを身につけることができます。 マーケティングはデータ収集が必須!Excelをマスターしよう マーケティングでは経営戦略としてデータ収集・データ分析を頻繁に行い、社内でプレゼンする機会が多くあるのではないでしょうか。 このことからほとんどの方はOfficeソフトのExcelやPowerPointなどを多用していると思います。 しかし、普段は仕事をしながらOfficeソフトを操作しているので、業務上の最低限の使用方法しか分からなく、もっと効率的に作業を進めるために使い方を学びたいと感じている方もいるでしょう。 WAKEUPでは、仕事上で必須といえるExcelなどの操作スキルを上げるための講座を受けることができます。 自在に使いこなすことができれば格段に作業効率が向上するだけでなく、プレゼンのときに伝わりやすい資料を作成して発表することができるようになります。 マーケティングに重要!ホームページ制作講座を受講しよう 近年では、ほとんどの企業がホームページを持っていてマーケティングに活用しています。 そのためホームページを持っていない会社は、ホームページを制作したいと検討していることが多かったり、古いホームページしかない会社はリニューアルを考えていたりと、新たにホームページを制作したいという場合があると思います。 以前はホームページを開設するときは、制作会社に依頼することが一般的でしたが今ではWordPress、Jimdo、WixなどのCMSを利用することで、業者に頼まなくても自社でホームページ制作がしやすくなりました。 ただ、ある程度の専門知識がないと思うようにホームページを作ることができません。 WAKEUPではこのようなCMSを用いたホームページ制作講座も受けることができるので、マーケティングに活かすためにホームページを作りたいということがあれば、ぜひ受講していただくと良いでしょう。 Webマーケティングの講座も受講することができる! ホームページを作るだけでは集客などのマーケティング手段にはなりません。 そのため、Webマーケティングに特化した勉強をして知識を深め、戦略を立てる必要があります。 ただ、勉強しなくてはいけない範囲は多岐にわたり、 コンテンツの充実 SEO対策 GoogleAnalyticsやSearchConsoleを用いてのサイト分析 Twitter、Facebook、InstagramなどSNSを活用したマーケティング戦略 など専門的な内容となり、何をどのようにすればいいか分からないということが多くあるでしょう。 WAKEUPではWebマーケティング初心者から経験者までレベルごとに分かりやすく知識を得られるような講座を開設しています。 上記に挙げた内容は一例であって、マーケティングに必要な要素はまだまだたくさんあります。 WAKEUPでは、マーケティングの知識を基礎から応用まで幅広く学習してスキルを身につけることができます。 マーケティングに役立つ資格取得を目指すことができるWAKEUP講座 マーケティングには資格があり取得することで、企画・マーケティング職のみならず、営業や事務に就いている方のキャリアアップに活かすことができます。 上記で挙げたようなマーケティングに役立つスキルは身につけることで仕事に活用できますが、明確な目的や目標がないと勉強がはかどらないということもあると思います。 そのため、マーケティング講座を受けるときは、資格取得を目指して実践的に学ぶようにしましょう。 取得したい資格ランキングで毎年上位!中小企業診断士の講座を受講しよう 中小企業診断士は中小企業の経営課題に対して診断や助言、マネジメントを行える専門家です。 経済産業省が実施している資格制度で国家資格ということから取得したい資格ランキングでは毎年上位にランクインしている人気の資格です。 試験内容は経営やマーケティング全般の問題が出題され、この資格を取得すれば深くマーケティングの理解を深め、実践に活用することが可能となります。 Webマーケティング担当者必見!ウェブ解析士の講座を受講しよう 近年のインターネットの普及によりウェブ解析士はマーケティングにおいて取得しておきたい資格となっています。 企業ホームページでは、ただ単に作るだけやアクセス解析をするだけではなく、「KPIの設定」「現状を分析し、目標を立て計画を立案する」「計画を立てたものを遂行していく」という能力が必要となります。 ウェブ解析士を取得することで実践的なスキルを習得することができるので、ぜひマーケティング能力の向上を目指したいという方は取得を目指しましょう。 WAKEUPでは上記で挙げたようなマーケティングに活かせる資格取得を目指した講座を受講することができます。 WAKEUPなら学びやすい!マーケティングに役立つ講座は動画学習がおすすめ マーケティングを学びたい、知識を深めたいという方は最近非常に増えてきていますが、普段仕事をしていると忙しくて勉強する時間がなく諦めてしまっているということはありませんか? 現在、多くの企業がビジネスパーソン向けに学習サイトを提供しています。 そのため、どの学習サイトを利用するか自由に選択することができますが、どのサービスが自分に合っているのか分からないということがあるでしょう。 オンライン学習サイトのWAKEUPは、動画学習でビジネスに役立つ学習ができるという特徴があります。 インターネットにつなげる環境さえあれば、スマートフォンやパソコンからどこにいても動画で学習することができるので、勉強をする時間を設けられないという方にでも学びやすい学習方法です。 マーケティングに役立つ知識を深めたいという方はぜひWAKEUPの講座をお試しください。

0 1