2018.06.25

授業レビュー

【体験レビュー】ビジネスマナーに重要な挨拶を学ぶ

化粧品メーカー美容部員2年目 Kさま(神奈川県)

体験コース:初対面で好印象を与えるビジネスマナーの基本

※この記事は、WAKE UPのコースをご利用いただいたお客さまからのレビューをもとに構成しています。

 

私は、化粧品メーカーで美容部員として店頭販売を行っています。

ただ、毎日の目標に追われ、売り上げ数字が伸びない日々が続いた時、笑顔をつくる余裕をなくすほど悩んでいました。

ある時、信頼できる先輩に相談する機会があり、当時抱えていた悩みをすべて打ち明けました。

そこで「今一番つらいことは何?」と先輩に聞かれ、口をついて出たのは「お客さまが怖い」という言葉でした。

店頭でお声がけするお客さまが無反応だったり、迷惑そうにされてしまうと次に声をかけることが怖くなってしまい、緊張して笑顔どころではなくなっていました。

しかし、購入につなげなくてはいけないというプレッシャーと焦りから、店頭に立っていてもどうしたらいいか分からなくなるという状態でした。

そんななか、先輩から紹介されたのが「WAKE UP」でした。

最初は何も考えず、軽い気持ちで視聴したのですが今では貴重なバイブルとなっています。

挨拶はお客さまと心を通わせるために


私の場合、お客さまへのお声がけが挨拶となります。

「いらっしゃいませ」や「新商品のカラー、お試ししてみませんか?」など、お客さまに商品のご案内をするのですが、信頼関係のできていない初対面での声がけはハードルが高く、どうしても警戒されてしまいとても苦手でした。

しかし、このお声がけの目的がお客さまの心を開くことである以上、まずは「自分から心を開く必要がある」と気づきました。

笑顔には、相手の警戒心を解く力があるいうことで、まず笑顔でいるために生活の見直しから始めました。

勤務中は緊張感を軽減させるために、リラックス効果のあるアロマオイルを一滴垂らしたハンカチをポケットに入れ、意識して深呼吸することを心がけました。

また、日々の就寝時間を早め朝は余裕を持って出勤できるよう生活習慣も見直しました。

また、朝晩と口角周りをマッサージして顔の筋肉をほぐすようするなど、日々できるところから、自分の緊張を解く習慣をつけ、意識してリラックスできるよう工夫しました。

そうした小さいことを積み重ねていくうちに、少しずつ落ち着きを取り戻した私は、次の課題である「お客さまと目を合わせる」ことにチャレンジしました。

笑顔の仕上げはアイコンタクト


自信のなさは、表情や動作からお客さまに伝わってしまいます。私の場合、お客さまに話をする時に目を逸らしてしまうことが悩みでした。

信頼関係を築く第一歩として必要なものが笑顔と言われていますが、笑顔だけつくっていても目が笑っていなければお客さまは心からリラックスしてはもらえません。

さらに、人は目元を見て好きか嫌いかを本能的に判断するそうです。

どうしても目を合わせることが苦手だった私は、まずお客さまの眉間あたりを見てお話するところから始めてみました。

そして「苦手意識を持ったままでいい」と自分が苦手なことに対しての過度な問題視をやめました。

そうすることで気が楽になり、毎日のお客さまへのお声がけも自然にできるようになっていきました。

そんなある日、コスメカウンターにお越しいただいたお客さまが、メイクをしてほしいとお母さまを連れていらしたことがありました。

そのお母さまは、いつも売り場の近くを通るお客さまだったので顔を覚えており、そのことをお話すると「ひとりでは勇気が出なくて娘に連れて来てもらった」とのことでした。

その時、はっとしました。

自分だけでなくお客さまも緊張していたことに気づいたのです。

そのお客さまはいつも売り場近くを通るので、お声がけは何度かさせていただいていました。

私はうれしくなって、これまでお声がけが苦手だったことや、笑顔づくりや目を逸らさないための克服法など自分が行ってきたさまざまなことをお話ししました。

すると「いつも一生懸命に仕事をしている姿は見ていた。ただ自分も人見知りで気が引けてしまって」と話してくださいました。

私はこの日を境に、無理して商品の購入をすすめるのではなく、お客さまとの関係性づくりに集中するようになりました。

お客さまとの世間話は苦手でしたが、「今日は暑いですね」や「今度ぜひお試しくださいね」などちょっとしたひと言をお声がけに添えるようにしました。

毎日工夫して業務に取り組むうちに、ほかの事務作業や雑務も自分らしく取り組もうと考えるようになり、マニュアルに頼らず「自分ならどう思うか」など相手の立場に立った対応を意識するようになりました。

カウンターへお越しいただいたお客さまには、商品の情報よりもお客さまからのヒアリングを重要視するようにし、できる限りお客さまに寄り添った対応を心がけました。

こうしたことを続けるうち仕事が楽しくなり、現在は仲良くしていただけるお客さまも増え、顔見知りになることも多くなりました。

今でもたまに目標を達成できない日はありますが、次は絶対取り戻そうとやる気に変えることができています。

あの時WAKE UPに出会えて本当に良かったと心から感謝しています。

WAKE UPの講座は、どの動画も15分程度の内容にまとめられていて、忙しい時でもちょっとした空き時間に見ることができます。

各回でテーマが異なり、その内容は専門的で内容が濃いのに簡潔にまとめられています。講師の方もプロなので無駄がなく、必要な時に好きなところから見直すこともできるので便利です。

私のように仕事でつまずいた時、突破口が見つからない時はWAKE UPの動画学習をおすすめします。きっと助けになってくれるはずです。

この記事で紹介した授業

この授業を見てみる

関連記事

この記事へのコメント

コメントがまだありません。

この記事を閲覧できるプランに加入していません。

この記事を閲覧するためにはプランを変更する必要があります。
下記のリンクからプランを変更してください。