2018.07.05

授業レビュー

ビジネスマナーとして必要な礼儀・作法を学ぶ

ビジネスマナーについて完璧に理解していると断言できるビジネスパーソンは少ないと思います。

ビジネスマナーは、仕事面だけでなく、プライベートでも役に立つことがあります。なぜならビジネスマナーを理解しておけば、プライベートでも初対面の人に対して良い印象を与えることができたり、目上の方に突然会ったときの対応で好印象を与えたり、礼儀作法につながっていくからです。

そのため、完璧でなくてもビジネスマナーの基本をしっかりと理解し、実践することから始めてみませんか。

今回は、ビジネスマナーの基本をしっかりと学ぼうと考えているビジネスパーソンにおすすめのWAKE UP講座「初対面で好印象を与えるビジネスマナーの基本」を紹介していきます。

ビジネスの現場に役立つビジネスマナーを知りたい方におすすめ!


新卒の頃は、新人研修で習ったビジネスマナーを形として覚えた人が多いと思います。

しかしビジネスの現場に入り、仕事をしていると

・相手に合わせた、使い分けを知りたい

・初対面で、好印象を与えたい

といった、ビジネスマナーを形だけではなく、現実に合わせて理解したいという人が増えてきます。

そしてビジネスマナーには、基本といわれる部分だけでも多くの要素があり、職種や職位によって使うべきビジネスマナーが変わる場合があります。

そのためビジネスマナーに自信をもてる人は少ないのです。だからこそ、しっかりとしたビジネスマナーを理解しておくことは、ビジネスパーソンとしての自信につながります。

とくに営業職の場合は、初めて会う人やお客さまの会社に行くことが多くなります。相手に失礼があった場合、自分だけでなく先輩や上司、会社の信用にも関わってきます。さらに目標である売上といった部分でも、初対面の印象が良ければ信頼してもらうチャンスにもなるため関係してきます。

それでは、WAKE UPの動画講座「初対面で好印象を与えるビジネスマナーの基本」のなかから、内容の一部を紹介します。

ビジネスマナーの使い分けで差別化しましょう

多くのビジネスパーソンが、相手に失礼のないように意識しながら、ビジネスマナーを実践しているかと思います。しかしビジネスマナーとして覚えていることを意識して使い分けできている人は、なかなかいません。

例えば、ビジネスマナーの基本として、お辞儀が最初に挙げられるでしょう。

企業訪問や営業先では、話す相手が初対面の場合があります。第一印象を良くするためには、相手と出会って最初に行うお辞儀をしっかりとする必要があります。

まず、相手とのコミュニケーションの一部となるお辞儀は、相手と息を合わせて行うことが大事になります。

次に、お辞儀には同時礼と分離礼があります。同時礼は、言葉の途中からお辞儀をします。そして分離礼は、言葉を話し切った後にお辞儀を続けます。ついつい焦り、お辞儀をしながら挨拶をしてしまうことはありませんか。

こういったお辞儀など動作を伴うビジネスマナーの場合は、目でしっかりと覚えることで、より実践しやすくなります。なぜなら先ほどの同時礼・分離礼においても4つのステップがあったり、種類ごとに角度が違ったりと目で見なければイメージしづらい部分が多いからです。

ここでご紹介した同時礼・分離礼以外にも、お辞儀の種類はさまざまあります。その使い分けなども動画内では詳しく解説されているので、ビジネスシーンでのお辞儀は完璧に行うことができるようになるでしょう。

ぜひ、初対面から差をつけるお辞儀の違いから学び、相手によりよい印象を与えられるようにしてみてはいかがでしょうか。

名刺交換で重要なビジネスマナーと考え方

お辞儀のほかにも初対面で重要なポイントがあります。それは「名刺交換」です。名刺交換は手元がみられ、相手との距離も近くなるため緊張するという人もいるかもしれません。しかし基礎からしっかりと覚えておけば、緊張も少しは和らぎます。

そして名刺交換も動画で学ぶメリットがあります。それは実際の名刺交換までの流れを想像しやすくなるからです。「第3回 初回で好印象を与える訪問マナー」では、お辞儀の後に行う名刺交換について詳しく解説しています。

特徴は、他社訪問した時の流れで名刺交換を学ぶことができることです。

  • 訪問前の準備(受付)
  • 応接室にて待機
  • 挨拶(名刺交換)
  • 商談
  • 退出
  • アフターフォロー

名刺の手元部分だけを紹介する動画は多くあります。もちろん、手元部分である名刺の渡し方は重要です。しかしこの動画では、渡し方をしっかりと学べるだけでなく基本パターンまで詳しく説明しています。人数や役職など、どのような渡され方をしても焦ることは少なくなるでしょう。

また、名刺は自分の顔であり、相手の名刺は相手の顔であるといった考え方も学ぶことができます。ビジネスマナーの種類は多くあり、一度ですべてを身につけることは大変です。しかしどのように考えるかといったことを覚えておけば、緊張で思わずビジネスマナーを忘れそうになった場合に助けになるでしょう。

「初対面で好印象を与えるビジネスマナーの基本」を見た人の口コミ

新卒で新人研修を受けたものの、ビジネスマナーを完璧に守れている自信がありませんでした。営業職ではないので、企業訪問をする機会は少ないのですが、それゆえにビジネスマナーができていないのではないかと不安になるときがありました。そして上司との同行も少ないので、誰かが教えてくれる機会も少なかったのです。

ただ自分でビジネスマナーの勉強をしようにも、仕事が忙しくマナー教室に行っている時間はありません。そのため、どこでもできるインターネット動画でビジネスマナーを学ぶ方法を探していました。最初はYouTubeなども見ていましたが、学べている気がしなかったのです。その時にWAKE UPが出てきて、すぐに登録し、動画を視聴してみました。

しっかりとレッスン化された動画で、頭に入りやすい印象を受けました。そして実践してみると、相手との会話がいつもよりはずんだ気がしています。ちょっとした変化かもしれませんが、自分自身も落ち着いて自信をもって対応できるようになった気もしています。

本当にありがとうございました。

これからはビジネスマナー以外にもWAKE UPの動画をたくさん見ていこうと考えています。

(IT業界 プログラマー)

「初対面で好印象を与えるビジネスマナーの基本」を見て企業訪問の質を上げよう

WAKE UPの動画講座は、いつでもどこでも見ることができます。移動時間や外出先でも学習が可能なため、時間がない人でも簡単にビジネススキルを磨くことができます。

「初対面で好印象を与えるビジネスマナーの基本」では、今回紹介したお辞儀や名刺交換だけでなく、さまざまなビジネスマナーについて詳しく紹介しています。どんな職業においてもビジネスマナーは基礎となる部分です。そのため少しでもビジネスマナーに不安を感じているビジネスパーソン全員におすすめの内容になります。

今なら月額980円(税込)で「ADVANCEプラン」「BASICプラン」「FREEプラン」のすべてのサービスがご利用いただけるMASTERプランでビジネススキルを学ぶことが可能です。会社勤めをしている人であれば、役に立つ情報ばかりなので、ぜひ一度WAKE UPの動画講座を体験してみてください。

この記事で紹介した授業

この授業を見てみる

関連記事

この記事へのコメント

コメントがまだありません。

この記事を閲覧できるプランに加入していません。

この記事を閲覧するためにはプランを変更する必要があります。
下記のリンクからプランを変更してください。