新着コース

リーダーシップ

近未来(3年後)を見据えたリーダーシップ(第1~5回)

近未来(3年後)を見据えたリーダーシップ 「VUCAの時代」が到来し、昨今の政府主導の「働き方改革」にあるように 企業を取り巻く環境は予想を超えるスピードで日々変化しています。 このような時代背景においてリーダーは、さまざまな判断をしなくてはなりません。 世の中の変化は組織に影響し、また組織の変化に伴い、個人も変わらなくてはいけません。 日本マクドナルドで32年間勤務し、13万人を擁する幅広い従業員層に対する 人材育成の仕組みを浸透させてきた下山博志氏が、世界のトップリーダーが行っているポイント、 お互いの強みを活かしてチームを率いる術、MBAでは教わらないリーダーシップなど、 3年後を見据えたリーダーシップを全5回にわたってわかりやすくお伝えします。 <配信スケジュール> ※配信日は変更になる可能性もあります。 <詳細> 第0回:導入編(※FREEプランにて無料公開中) 第1回:世の中の流れをつかむ第2回:心理的安全に着目する 〇1月25日(木) 第3回:チームワークではなくチーミング 〇2月1日(木) 第4回:ぶれるリーダーシップの時代 〇2月8日(木) 第5回:MBA で教えられないリーダーシップ <下山 博志プロフィール> 日本マクドナルドで32年間勤務。企業内大学を含む全社の人材育成の責任者となり、 13万人を擁する幅広い従業員層に対する人材育成の仕組みを浸透させ、『2003年度日本能率協会人材開発優秀企業賞本賞』を受賞。 全世界共通の教育戦略プロジェクトにはアジア地域代表として参加した。 2004年に退社後、人材開発の総合プロデュースを行う株式会社人財ラボを創業。 上場大手企業から中小企業まで幅広く、人事・教育に関する戦略を支援し、企業内大学構築、リーダーシップ開発、 マネジメント能力育成などの提供を行っている。 世界最大規模の人材開発非営利組織ASTD(現ATD)日本支部設立に寄与し、 ATDインターナショナルメンバーネットワーク・ジャパン副代表ほか、 熊本大学大学院教授システム学非常勤講師、NPO法人日本イーラーニングコンソシアム理事、神奈川県総合教育センター顧問アドバイザーなども務める。 2013年からは、システム開発を行う株式会社創新ラボの会長も兼任し、教育とICTの融合を図るラーニングテクノロジーを推進している。 早稲田大学大学院技術経営学(MOT)修士 <主な著書> [著書] 「一流のフォロワーになるための社長の支え方」(出版:総合法令出版) 「実践人財開発 HRプロフェッショナルの仕事と未来」(出版:日本能率協会マネジメントセンター) http://amzn.asia/gmPMOZl [監修] 「研修プログラム開発の基本~トレーニングのデザインからデリバリーまで~」(出版:ヒューマンバリュー) [共著] 「プロコンサルタントの人財変革力」(共著:匠英一、出版:同友館)

BASIC
0 1
リーダーシップ

近未来(3年後)を見据えたリーダーシップ(第0回)

近未来(3年後)を見据えたリーダーシップ 「VUCAの時代」が到来し、昨今の政府主導の「働き方改革」にあるように 企業を取り巻く環境は予想を超えるスピードで日々変化しています。 このような時代背景においてリーダーは、さまざまな判断をしなくてはなりません。 世の中の変化は組織に影響し、また組織の変化に伴い、個人も変わらなくてはいけません。 日本マクドナルドで32年間勤務し、13万人を擁する幅広い従業員層に対する 人材育成の仕組みを浸透させてきた下山博志氏が、世界のトップリーダーが行っているポイント、 お互いの強みを活かしてチームを率いる術、MBAでは教わらないリーダーシップなど、 3年後を見据えたリーダーシップを全5回にわたってわかりやすくお伝えします。 <配信スケジュール> ※配信日は変更になる可能性もあります。 <詳細> 第0回:導入編(※FREEプランにて無料公開中) 第1回:世の中の流れをつかむ 第2回:心理的安全に着目する 〇1月25日(木) 第3回:チームワークではなくチーミング 〇2月1日(木) 第4回:ぶれるリーダーシップの時代 〇2月8日(木) 第5回:MBAで教えられないリーダーシップ <下山 博志プロフィール> 日本マクドナルドで32年間勤務。企業内大学を含む全社の人材育成の責任者となり、 13万人を擁する幅広い従業員層に対する人材育成の仕組みを浸透させ、『2003年度日本能率協会人材開発優秀企業賞本賞』を受賞。 全世界共通の教育戦略プロジェクトにはアジア地域代表として参加した。 2004年に退社後、人材開発の総合プロデュースを行う株式会社人財ラボを創業。 上場大手企業から中小企業まで幅広く、人事・教育に関する戦略を支援し、企業内大学構築、リーダーシップ開発、 マネジメント能力育成などの提供を行っている。 世界最大規模の人材開発非営利組織ASTD(現ATD)日本支部設立に寄与し、 ATDインターナショナルメンバーネットワーク・ジャパン副代表ほか、 熊本大学大学院教授システム学非常勤講師、NPO法人日本イーラーニングコンソシアム理事、神奈川県総合教育センター顧問アドバイザーなども務める。 2013年からは、システム開発を行う株式会社創新ラボの会長も兼任し、教育とICTの融合を図るラーニングテクノロジーを推進している。 早稲田大学大学院技術経営学(MOT)修士 <主な著書> [著書] 「一流のフォロワーになるための社長の支え方」(出版:総合法令出版) 「実践人財開発 HRプロフェッショナルの仕事と未来」(出版:日本能率協会マネジメントセンター) http://amzn.asia/gmPMOZl [監修] 「研修プログラム開発の基本~トレーニングのデザインからデリバリーまで~」(出版:ヒューマンバリュー) [共著] 「プロコンサルタントの人財変革力」(共著:匠英一、出版:同友館)

FREE
0 0
一覧を見る